東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設・病院を紹介しています。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら

リハプライド

リハプライドは全国に100店舗以上、東京だけでも15店舗を展開するリハビリ型のデイサービス。要介護1〜5の方を対象に運動機能の回復を目指すため、学会公認のリハビリプログラムを実施しています。主な改善事例は、認知症や脳血管障害、リウマチ、うつ症、パーキンソン病など。利用者のほとんどが高齢者で、若年性の方は少し利用しづらいかもしれませんが、パーキンソン病においては、3カ月で症状が改善した事例もあります。

リハプライド(東京)の特徴

医師公認のプログラムが保険適用で可能に

リハプライドで導入しているのが、パワーリハビリテーション研究会の公認プログラム。医師たちの間では「維持期・慢性期」の定番ともいえるリハビリ法です。症例が毎年、学会論文でも発表されていて、その効果が認められています。リハビリ第3ステージの「維持期・慢性期」では本来、医療保険があまり使えませんが、リハプライドでは保険内で利用できるのが大きな魅力です。

リハビリテーションには、急性期・回復期・維持期の3つのステージがあります。

日本国内では第3ステージである維持期のリハビリ環境があまり整っていないのが現状ですが、リハプライド(東京)に導入されているパワーリハビリテーション機器は、維持期における利用者の老化や機能低下を予防する効果が期待できます。

起立や着席などの動作の改善、姿勢の矯正、足腰や股関節の安定性の向上など、生活動作に直結するリハビリが保険適用にて行えます。

メディカルマシン&個別指導で効率的に運動能力アップ

施設内には、パワーリハビリテーション公認のメディカルマシンが6台もあって、個々人の症状に合ったトレーニングを指導してもらえます。医学的に効果が証明されたマシンだからこそ、体力がないとか、重度の症状がある場合でも安心。太極拳やストレッチなどのメニューも組み合わせて、短期間で運動能力の向上を目指せます。

リハビリにトレーニングマシンを利用する理由としては、常に安定した軌道を確保して反復動作を容易にすること、正常な動作の獲得や回復に適しているということが最大の特徴。

体重や体格による差を感じさせず、マシンのもつ力に支えられて、リズミカルな運動の獲得にも適しています。

送迎つき&入浴コースもあって家族も安心

リハプライドにはデイサービスがあるので毎回、自宅まで車で送迎してもらえるのもうれしいところ。「一日型」のコースにはトレーニングのほか、昼食やレクリエーション、入浴までセット。ご家族の負担を減らすことができそうですよね。

リハプライド(東京)ではすべてのコースについて、送迎つきのサービスを提供。入浴コースも利用可能です。

トレーニングに自力で通う必要がなく、体が不自由な方でも安心ですね。

マシンを使うことによって少しずつ変化が生まれてきたと実感される利用者の口コミも多くみられます。

マシンによる継続的なトレーニングで、弱った足腰や股関節を鍛えられるので、動作の改善や体力の回復も期待できます。

リハプライド(東京)の料金、サービス

リハプライド(東京)の料金について

※リハプライド・なります(板橋区)の料金例

  • 入会金:なし
  • コース料金(保険適用):(要支援1)月額2,287円、(要支援2)月額4,580円※運動器機能向上加算 月額244円

リハプライド(東京)のサービスについて

  • 全てのコースが自宅への送迎つき
  • 運動前と運動後に必ずバイタルチェックを実施
  • 一日型コースには、昼食とおやつ、入浴つき

リハプライド(東京)の施設情報

  • 所在地:東京都板橋区成増3-6-14(その他の東京の店舗:亀戸、亀戸東ほか13カ所)
  • 営業時間:9:00~12:15、13:30~16:45(店舗による)

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら