東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設・病院を紹介しています。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら

STROKE LAB

STROKE LABは文京区本郷にある、脳卒中やパーキンソン病の代表的なリハビリ施設。受け入れ人数は、1日最大4名まで。マンツーマンもしくは、セラピスト2人による厳重なケア体制で、個別のリハビリトレーニングを行ってくれます。自費診療のため症状による制限はなく、脊髄損傷や運動麻痺、多発性硬化症、変性疾患、声や表情の問題といった、幅広い症状に対応できる施設です。

STROKE LABのここがおすすめ

大学病院での臨床経験があるスペシャリスト3名が在籍

STROKE LABに在籍するセラピストは、3名全員がリハビリテーション国家資格の保有者。さらに、それぞれが大学病院での臨床経験を保有しています。中でも代表の金子氏は、順天堂大学附属病院に10年勤務したのち、自ら海外で最新のリハビリ技術を学び、数々の書籍を出版している豊富な実績の持ち主。たとえ症状が重度の場合でも、医師と同等の知識を持つスペシャリストが、セラピーするので安心です。

STROKE LABでは、パーキンソン病の患者さんなど、運動機能に支障をきたしている方へ正しい機能回復サポートを行うために、少人数制で長期間にわたってのスタッフ教育を行っています。

臨床経験を持つスペシャリストの指導により、一人一人の体・心・生活習慣・価値観などに幅広く配慮して、体における問題点について、施術を通じて改善していきます。

オーダーメイド&徹底した個別指導

リハビリについては、個々人の症状に合わせたオーダーメイド制。予約は1件ずつ1時間空けてセラピストの集中力を高める工夫をして、徹底して質の高い個別指導に努めます。体幹のリハビリなど人手が必要な際には、2人がかりでトレーニングすることも。他院で改善が見られなかった症状でも、至れり尽せりのケアでいち早い機能回復を期待できそうです。

STROKE LABでは患者さん1名につき、良質なセラピーを提供するため2名で対応をする場合があります。

2名でのリハビリによって、頭と体幹・足と体幹の連携が取りやすくなり、要所を2名で行うことによって機能回復の促進をはかります。

オーダーメイドと個別指導の組み合わせで、セラピスト1名が2回のセラピーを実施するよりも、2名が1回のセラピーを行うだけで効果が生まれることも。

治療後は体が動かしやすくなるほか、足や手を伸ばしやすくなるといった効果が期待できます。

最新の医療機器が完備されたプライベートサロン

施設内は、清潔感のある美容クリニックといった雰囲気。贅沢なプライベート空間でリハビリに取り組めるのも魅力のひとつです。施設内には、電気刺激療法といった最新の医療機器も完備されています。

アクセスのしやすい東京都心部にあるSTROKE LABでは、体に機能低下を抱えている患者さんをサポートするため、電気刺激療法や専用のセラピーテーブルを用意。

機器を用いることで患者さんの体の中に眠る潜在能力を最大限に高め、機能低下の予防やセラピーとの相乗効果などが期待できます。

セラピーとセラピーの間隔を1時間程度あけているので、利用者同士がかぶらないようプライバシーにも配慮されています。

STROKE LABの料金、サービス

STROKE LABの料金について

  • 入会金:なし
  • コース料金:基本料金/60分15,000円、延長/30分7,500円

STROKE LABのサービスについて

  • 完全予約制&1日4名までのプライベートセラピー
  • リハビリのほか、生活指導や自主トレ指導を実施
  • 希望者には、在宅サービス導入へのアドバイスも可能

STROKE LABの施設情報

  • 所在地:【本館】東京都文京区湯島2-31-15和光湯島ビル1階
  • アクセス:東京メトロ本郷三丁目駅より徒歩5分、JR御茶ノ水・上野駅より徒歩20分、JR湯島駅より徒歩7分
  • 営業時間:10:00~18:00(日曜定休)

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら