東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設・病院を紹介しています。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら

順天堂大学医学部附属順天堂医院脳神経内科

順天堂大学医学部附属順天堂医院は、東京都文京区にある創立50年の歴史を持ち、日本でも屈指の高度医療を提供しています。中でも、神経内科は世界レベルの実績で、特にパーキンソン病治療では日本のトップレベル。多数の路線が利用できる御茶ノ水駅からすぐそばにあり、通院しやすい病院です。

順天堂大学医学部附属順天堂医院の
パーキンソン病治療の特徴

パーキンソン病の症例数は日本最多!

日本トップレベルとも言われる脳神経内科には、総勢19名の医師が在籍。パーキンソン病を専門とする医師が多く、中でも臨床経験30年以上のベテランドクター・水野名誉教授と服部教授との2トップが、パーキンソン病を専門分野にしています。日本でも最多のパーキンソン病治療の実績があり、重要な研究結果の論文発表や、臨床研究に取り組んでいます。

リハビリから外科手術まで豊富な治療法

パーキンソン病の一般的な治療法「薬物治療」のほか、ボトックスなどの特殊治療、脳神経を刺激する高度な外科手術にも対応。人によっては手術することで長期間、刺激の調整ができるので、薬の負担を減らしつつ、生活の質が向上するケースもあるようです。脳神経内科にとどまらず、リハビリテーション科や精神科などとも連携し、個々人の症状に合った最適な処置を行ってもらえるのが心強いところ。また、長期の薬物治療でも改善が見られない人には、薬による治療効果の判定や、リハビリにも力を入れています。

日本初の遠隔診療サービスも

通院が困難なパーキンソン病患者に向けて、2017年から日本初の遠隔診療サービスを開始。こちらは、順天堂医院脳神経内科のドクターが、IBMの遠隔診療支援アプリを使って、診察を行ってくれるサービスです。iPad等で自宅で手軽に診察が受けられるうえ、最寄りの薬局で薬を受け取れるため、身体的な負担や、経済的な負担も減らすことができます。

順天堂大学医学部附属順天堂医院の
クリニック情報

  • 所在地:東京都文京区本郷3-1-3
  • アクセス:JR御茶ノ水駅より徒歩5分、東京メトロ新御茶ノ水駅より徒歩7分
  • 脳神経内科の診療時間:【初診】平日8:00~11:00、11:30~15:00、土曜8:00~11:00
    【再診】平日7:00~11:00、7:00~15:00、土曜7:00~11:00

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら