東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設・病院を紹介しています。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら

みどり野リハビリテーション病院

中央林間駅・つきみ野駅・南林間駅それぞれからアクセスしやすい位置にあるみどり野リハビリテーション病院。渋谷・新宿・横浜といった主要エリアからも通いやすい病院です。
365日体制を取っており、理学療法士48名、作業療法士42名、言語聴覚士14名が盤石の布陣でリハビリに対応します。自宅への1日も早い復帰を目標に、患者一人ひとりに合わせたリハビリプログラムを用意してくれる病院です。

みどり野リハビリテーション病院の特徴

回復期リハビリテーション病棟を用意

みどり野リハビリテーションは回復期リハビリテーション病棟を設けています。回復期リハビリテーション病棟では脳血管疾患や大腿骨骨折など、身体機能が大幅に低下してしまう患者を対象とした施設。運動機能の回復に的を絞った効率のよいリハビリプログラムを提案しています。リハビリプログラムは日常生活の動作や在宅での寝たきり防止などを目的にしたものです。医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など、さまざまなスタッフが各分野の知見を集結してリハビリテーションプログラムを作成。
患者の状態に合わせた目標の設定を含む高度なリハビリプログラムで、患者の回復をがっちりサポートします。

パーキソン病治療センターを開設

多くの病院は他の病気の治療と並行してパーキソン病治療行っています。しかし、みどり野リハビリテーションでは「パーキソン病治療センター」というパーキソン病だけを見る専門施設を開設。
パーキソン病に関するエキスパートたちが集まることで、より高水準なパーキンソン病治療を目指しています。
また、症例も多く集まるので、パーキソン病への理解・症例が蓄積。みどりの野リハビリテーション病院の医師たちは日々パーキンソン病治療の研さんを積んでいるのです。

パーキソン病に対してチーム医療を組んでいます

みどり野リハビリテーションではパーキソン病に対し、脳外科医、薬剤師、在宅介護、理学療法士、言語療法士、作業療法士、精神科医、臨床心理士、栄養士、ソーシャルワーカーなど様々なジャンルのスタッフがチームを組んだ、「オーダーメイド治療」を実施。
患者と家族を中心に、医療スタッフが徹底的にサポートすることで他の病院ではできないパーキソン病の治療を可能にしています。

みどり野リハビリテーション病院の情報

  • 所在地:神奈川県大和市中央林間2-6-17
  • アクセス:中央林間駅徒歩6分、南林間駅徒歩8分
  • 脳神経内科の診療時間:初診外来水曜日午後13:15、14:15。再診外来:13:00~16:00※完全予約制、電話番号046-271-1221

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら