東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設・病院を紹介しています。

× 閉じる

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら

サイトマップ

村山医療センター

このページでは、東京都内でパーキンソン病のリハビリなどが行える病院「村山医療センター」について紹介しています。病院探しの一助にしていただければ幸いです。

村山医療センターの特徴

きめ細やかなリハビリテーションが受けられる

村山医療センターでは、近年多くの人の関心を集めるリハビリテーション医学について見識を積み、障害をいかに克服するかという見地から患者と接しています。障害に至ったメカニズムを分析し、そこからどのようにリハビリプログラムを組んで患者の生活をかつてのように戻せるか、ということを一心に考えているのです。さまざまな機能障害やそれに伴う社会的な行動の不利というものを克服することで患者の日々の生活の質を高めようとしており、パーキンソン病患者に対してもそれまでに蓄積したノウハウを元に、幅広い知識を重ねたことによる最適なプログラムを提示してくれることでしょう。

十分な設備が整っている

リハビリテーションに力を入れている村山医療センターでは、集中的にリハビリテーションを行える回復期病床40床をはじめ、さまざまな患者に対してリハビリテーションを行える設備を整えています。また、細かい検査をするための検査機器なども豊富に取りそろえており、リハビリテーションの進捗なども随時チェックしながら進めていけます。パーキンソン病のリハビリには長い期間がかかり、途中で精神的に辛くなってしまうこともあるかもしれません。しかし、そうした中でスタッフの支えを受けると共に、明確な形で進捗が分かれば、次も頑張ろう、という気力が湧いてくることでしょう。

専門的なスタッフが多数在籍

村山医療センターには、数多くの優秀な医師が在籍しています。それらのスタッフが患者の症状に合わせてチームを組み、治療に当たっているというのが同院の大きな特徴の一つとなっています。「One for All, All for Client」というスローガンは、まさにこの病院の思いを表した言葉だと言えるでしょう。各自が責任を持って患者と向き合い、リハビリに寄り添ってくれるというのは、リハビリをする側にとっても非常に心強いもの。安心してプログラムに取り組める体制が整っているので、リハビリをする側としてもモチベーションは間違いなく湧いてくるはずです。

村山医療センターの理念

村山医療センターには「患者の視点に立ち、良質で高度な医療を提供する」という理念があります。その中で、患者に上質な医療を提供するのはもちろんのこと、患者が安心して医師の診察を受けられ、リハビリができるようにするためのコミュニケーション、そして患者個人の人権の尊重など、さまざまな点で配慮されています。個人の意思というものは非常に重んじられており、医師の説明の元、最終的には患者本人が治療を受けるかどうかを決断する権利を有しています。もちろん、医師の側もそうした患者に納得して治療を受けてもらえるよう、行う治療について徹底的に説明を行います。パーキンソン病のリハビリというのは、非常に困難を伴うこともあるものです。そうしたリハビリを行っていくからこそ、質の高い医療とお互いの信頼関係というものが大事になってくるのです。

村山医療センターの情報

  • 所在地:東京都武蔵村山市学園2-37-1
  • アクセス:多摩都市モノレール「上北台駅」より徒歩25分
  • 診療時間:初診の受付 8:30〜11:00 診療日 月〜金(祝日および年末年始は除く)

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら