東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設・病院を紹介しています。

× 閉じる

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら

サイトマップ

にわファミリークリニック

にわファミリークリニックは、メディアで取り上げられたこともある実力のある病院です。大規模ではありませんが、優秀で経験豊富な医師と必要十分な設備が整っています。ここではそんな、にわファミリークリニックの詳しい情報を紹介します。

にわファミリークリニックの特徴

心と体の両面からパーキンソン病に対応

にわファミリークリニックではパーキンソン病に対して、患者さん一人一人の状態に合わせた最適な処置を行っています。薬剤を漫然と服用させるのではなく常に心と体の両面からアプローチ。慎重に状態を確認しながら最善の方法を模索し、薬物治療に加えて運動療法やリハビリも導入、病態の進行を食い止めるための治療を行っています。特に薬の処方では細心の注意を払い、体調変化に応じて逐一、服用量を増減調整しています。

運動療法とリハビリテーションを重視

パーキンソン病ではリハビリなど運動療法の意義が認められていながらも、実際にはリハビリテーションが併設されている施設が少ないのが現状です。そこで、にわファミリークリニックでは症状を一時的に楽にする薬物治療に偏らず、「内科的治療とリハビリテーションの両面」からケアを行っています。その結果、運動療法による改善効果を向上させ、服用量の増加や非専門的なマッサージによる症状の悪化を防ぐことができます。

メディアで取り上げられた実績もある

にわファミリークリニックは「ワイド!スクランブル」や「とくダネ!」「グッディ」など、有名なメディアでも紹介された実績があり、その知名度と信頼性は抜群です。パーキンソン病をはじめ難治性の症状では病院を選択するのが容易ではありませんが、NHKのテレビ番組からも取材を受けたことがある、にわファミリークリニックなら安心して受診できるでしょう。

にわファミリークリニックの理念

にわファミリークリニックの理念は、公式HP内の院長の挨拶にもある通り、パーキンソン病をはじめとした種々の疾患に対して「内科的治療とリハビリテーションの両面から」患者さんのケアをすること、そして患者さんだけでなくその家族、小さな子供に至るまで、家族のための「ホームドクター」を目指すことです。ファミリークリニックという名称はまさにそういう願いから命名されています。

にわファミリークリニックの情報

  • 所在地:東京都調布市西つつじヶ丘4-23-58-101
  • アクセス:京王線「つつじヶ丘駅」 南口より徒歩約15分・バス約5分
  • 診療時間:<月火木金土>9:00~12:30 15:00~18:00 ※休診日:水、日、祝日

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら