東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設・病院を紹介しています。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら

パーキンソン病治療の最前線

パーキンソン病とは、脳の機能障害によって動作が遅くなったり、手足が震えたり、歩行が困難になるなどの運動障害が起きる病気です。ほとんどの場合、高齢者が発症するケースが多く、まれに若年性の患者もみられます。

パーキンソン病にはどんな治療法があるのか、治療による副作用、リハビリ内容、経済的な負担を減らす助成金制度などについてまとめました。より快適な日常生活を送るために、ぜひ参考にしてみてください。

パーキンソン病治療で知っておきたい4つの知識

手足が勝手に動く…、手が震える…、
投薬治療による副作用とは

病院では、パーキンソン病には基本的に投薬による治療を行いますが、この薬で副作用の出る場合があります。吐き気や眠気、起立性低血圧、足のむくみをはじめ、長い間薬を服用することで、体が勝手に動くジスキネジアや、薬の効きが悪くなるオンオフ現象が起きるケースがあります。

パーキンソン病の外科手術とは

長い間、パーキンソン病の薬物治療を行っている方を対象に、副作用を抑えたり、薬を減らしたりするための外科手術を行うことがあります。脳の深部を刺激して症状を軽減し、生活の質を向上させるのが手術の目的。ただし、病気そのものを治す手術ではないので、その点には注意が必要です。

パーキンソン病のリハビリとは

快適な日常生活を保つため、パーキンソン病治療で最も重要といえるのがリハビリテーション。脳の症状以上のスピードで、運動機能が低下していく病気のため、無理のない運動をして症状を食い止めることが大切です。きちんとリハビリを行って、薬を止めることも考慮に入れてみては、いかがでしょうか。

パーキンソン病に関する公的支援制度まとめ

難病支援制度や介護保険制度、身体障害者福祉法、障害者総合支援法など、パーキンソン病患者は、公的な支援制度を利用できます。どんな支援が受けられるか、制度ごとに支援内容や対象者、補助金額の目安などまとめました。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら