東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設・病院を紹介しています。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら

パーキンソン病の外科手術とは

パーキンソン病の治療を進める中で、薬物治療を受けている患者さんのうち、ジスキネジアやウェアリング・オフ現象といった副作用が起こっている方を対象に、各症状改善のために外科手術を行うことがあります。脳の深部に電気刺激を与えて、神経回路のバランスを整える手術方法で、薬の量を調節できたり、副作用が軽くなったりという効果があります。

ただし神経回路のバランスを整える手術は、パーキンソン病そのものを治すためではありません。あくまで投薬による副作用を軽減させるのが主な目的です。

以上を考えた上で手術を受けるか否か、医師の意見も踏まえてご家族でしっかり相談しましょう。

パーキンソン病手術の主な流れと方法

パーキンソン病の外科手術では、脳に電極を埋め込んで刺激をすることで、崩れた神経のバランスを回復させる「脳深部刺激療法(DBS)」が一般的。手術は主に以下のような流れで行われます。

  1. MRI撮影:最初に頭部のMRIを撮って、刺激をする部位の位置を決定。症状によって手術の場所が異なり、ふるえには視床、ウェアリング・オフ現象やジスキネジアには、淡蒼球や視床下核に電極を埋め込みます。
  2. 脳の手術:刺激をする部位が決まったら、脳内の部位に小さな穴を開けて細い針を差し入れながら電極を埋め込みます。より正確な部位を決めるため、効果や副作用を見ながら行うので、手術は局所麻酔です。
  3. 胸部の手術:次に全身麻酔をして、電極を刺激するための装置を胸部に埋め込みます。この刺激装置と、2で埋めた脳の電極を体内中に通している線に接続したら、手術は完了。術後は付属のスイッチを使って、自分自身で刺激を入れたり切ったりできるようになります。

手術を受けても投薬治療は必要

術後は、人によって効果の出方は異なりますが、スキネジアの副作用や動けないオフ状態が改善され、5年経っても手術前より快適な生活を保てる方が多いようです。ただし病気が治ったわけではなく、症状がゆっくりとは進行しているため、並行して投薬治療は必要になります。

さらに薬を続けることで、副作用が発生するリスクもあるので、可能なら自主的にリハビリに努めて改善していけるのが、理想かもしれません。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら