東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設・病院を紹介しています。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら

パーキンソン病のリハビリとは

パーキンソン病治療において、快適な生活を保つための重要な鍵ともいえるのが、リハビリテーション。パーキンソン病にかかると驚くほどのスピードで、運動機能が低下していきます。ですので体を動かすのが辛いからといって、必要最小限の動きに留めてしまうと、体力や筋力の低下はもちろん、関節がこわばって症状の進行を早めてしまうことも。

また薬と副作用の悪循環から抜け出すためにも、リハビリはとても大切です。リハビリ治療を受けられる病院のほか、民間のトレーニング施設でもリハビリは受けられることも可能。重度のパーキンソン病で悩まれている場合は無理せず、薬が効いているときにでも、少しずつ自分に合った運動をしていきましょう。

パーキンソン病のリハビリの主な内容

パーキンソン病を対象とした病院のリハビリテーションセンターでは、主に次のようなリハビリを行っています。

動作を滑らかにするパーキンソン体操

関節や筋肉が固まったり、動かなくなったりするのを避けるための全身の体操(エクササイズ)。体を前後左右に曲げ伸ばしたり、指を組んで動かしたり、顔の筋肉を動かしたり…。これらの体操を習ったら、普段から自宅でも体操することが大切です。

バランス&歩行訓練

転倒を防ぐために、訓練士が一人ひとりの身体機能をチェック。さまざまな体制でバランスを取る練習をしたり、スムーズに歩くための歩行訓練をしたりします。

呼吸&発声訓練

パーキンソン病の症状が悪化してくると、声が小さくなったり早口になったりする方がいます。呼吸法の指導や発声訓練も重要なリハビリのひとつ。

家族への介護指導

身の回りのことはできる限り自分でするよう、病院では家族への介助指導も実施しています。食事や入浴、トイレ、着替えなどのコツ、ほかにもあると便利な介助器具の使い方も指導してくれますよ。

脳機能向上のためのトレーニング

パーキンソン病を専門とする民間のリハビリ施設については、上記の訓練以外、そもそもの原因となっている脳機能を向上させるトレーニングが受けられる施設があります。これらのリハビリを中心に行った結果、薬の服用を抑えられたという方もいるそう。施設によっては、病院のリハビリ以上の効果が期待できるかもしれません。

リハビリを行う際の注意点

  • 薬が効いていて、体を動かしやすい時に行う
  • 疲労を感じたら休憩を取る
  • プロの作業療法士や、パーキンソン病専門の施設で指導を受ける

パーキンソン病の患者は、そもそも体の動きが悪く体力も少ないため、無理せずプロの下でリハビリ指導を受けるのが大切です。民間施設を利用する際には、パーキンソン病を専門としたリハビリセンターや、トレーニングスタジオを選ぶようにしましょう。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら