東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設・病院を紹介しています。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら

パーキンソン病に関する公的支援制度まとめ

パーキンソン病と診断された場合、様々な補助金や助成制度が利用できます。根本的な治療法が確立しておらず本人はもちろん、ご家族の負担も大きくなりがち。どんな支援を受けられるのか、必ず確認しておきましょう。

難病の医療費助成制度

パーキンソン病を患った方が医療保険に加入している場合、ホーン-ヤール重症度が3度以上、または生活機能障害度2度以上、もしくは軽症高額該当であれば利用できる助成制度です。

申請方法は各都道府県窓口で、申請書と難病指定医が作成した臨床調査個人票、住民票、所得証明書などの提出が必須。

公費負担の割合は身体障害者の等級が1~2級、もしくは障害年金証書1級の交付を受けていれば、パーキンソン病の治療に関わる医療費を全額補助してもらえます。それ以外の場合は所得に応じた自己負担の割合です。

介護保険制度

助成を受けようとする市区町村内に住民登録をしている40歳以上65歳未満の医療保険加入者、もしくは該当市区町村内に住民登録をしている65歳以上の方が利用できる公的支援制度です。

市区町村の介護保険窓口で、主治医のドクターの名前とかかっている病院名が記載された申請書を提出して申請が完了します。

訪問介護や訪問看護、訪問入浴などのサービスのほか、介護施設やリハビリ施設への通所、ショートステイ、福祉用器具の購入やレンタルの費用が安くなります。また、住宅のバリアフリー化をする際にも利用が可能。

また要介護度に応じて、最適な介護サービスをケアマネージャーが設定してくれます。

身体障害者手帳の交付

パーキンソン病にかかったことで、日常生活に支障が出るほど身体の動作が難しくなってしまった場合、身体障害者手帳の交付を受ければ、様々な支援制度が利用できます。ですが「障害」と判断される要因として、症状が固定されていることが前提とされるため、障害の判定が難しい場合もあるようです。

障害者手帳は身体障害者福祉法指定医の診断を受け、障害の診断書や意見書を作成してもらい、住んでいる地域を担当している福祉事務所へ申請することで交付されます。

障害者総合支援法

以前は障害者自立支援法と呼ばれていましたが、2013年に法律の名称が変更され、難病患者も「障害者」として定義されました。

障害児者が日常生活を送るために必要な支援を受けるための法律で、障害者手帳の取得ができなくても、一定の福祉サービスを利用できます。しかし、介護保険の対象となっている場合は利用が制限されるので、注意が必要です。

成年後見制度

パーキンソン病の症状が進むと、認知機能の低下や精神症状が表れてくる場合も考慮に入れましょう。このような場合には物事の判断能力も低くなるため、貯金をはじめとする財産管理や高額商品の購入、福祉施設への入所手続きなどの各種契約、遺産分割協議などを自力で行えなくなり、詐欺や悪徳業者による被害に遭うこともありえます。

こういった判断能力が低下してしまった人の保護・支援を目的として制定された制度が、成年後見制度です。

この制度を申し立てられるのは、本人と配偶者、四親等以内の親族のほか、検察官や弁護士、司法書士が該当します。

リハビリ?投薬?
話題の治療法とは…

サイドバーイラスト

パーキンソン病の投薬治療による副作用がひどい…、快方に向かわない…。そんな方におすすめの、投薬を行わない画期的なリハビリ施設を紹介しています。

話題のリハビリ施設はこちら